2011年07月11日

表札の取付方法-取り付けボルトとは

アイアン表札の取付方法

icon_q.gif 取り付けボルトとは何ですか?
取り付けボルトのある表札の取付方法を教えてください。

icon_a.gif 取り付けボルトとは、
表札(文字)の裏側に壁に向かっていく棒があると思います。
これがスタットボルト及び取り付けボルトとなります。

取り付け方法は表札(文字)を取り付けたい壁面に一度当ててみます。
するとボルト(棒)の位置が確認出来ますのでその位置を印し、
ボルトの径よりも少し大きめの穴をあけます。
このとき壁面から表札をどの程度浮かして設置するかを検討し、
穴の深さを検討します。
一般的には壁面より10mm〜15mm程度浮かして設置致しますが、
お客様の好みや現場対応によって若干変わってきますので、
十分ご検討頂ければと存じます。

そうして開けた穴を奇麗にし後に接着剤を充填し、
表札(文字)のボルト(棒)を挿入し、表札が真っ正面を向く様に、
粘着力の弱いテープなどで仮とめをし接着剤が乾燥し固定するまで待ちます。

接着剤が固定されたのを確認後、ゆっくりと仮止めテープを剥がして完了となります。

いずれにしましても施行設置作業業者様と十分にご検討される事を、
お願い申し上げます。


アイアン表札、ガラス表札、木製表札、ステンレス表札、タイル表札などの表札通販店【エストアガーデン】  記:江藤

posted by エストアガーデン at 13:56| 表札 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。